NEWS

トランスウェーブからのお知らせ

EC販売の物流に関して その①現状での総論

コロナ禍が続く中、EC販売の売上伸長が際立っています。
生活様式の大きな変化の中で、アフターコロナになってもEC販売のウェートは軽くならないと思われます。

今回はEC販売そのものではなくてその中での重要な機能である物流(ロジステック)に焦点をあてて考えてみたいと思います。

EC販売は低コストで開業が可能で、知恵とマーケティング力で販売量を増やせる半面、価格や納期が他の競合会社との比較対象になりやすく、安定した収益を獲得するためには配送にかかわるコストの削減と顧客のニーズにこたえるための納期設定が不可欠になっています。

小規模な開業、または副業でのスタートの場合、サイト作り・受発注などの業務はパソコンがあればこと足りますが商品の梱包・発送業務を避けて通ることができません。

スタート時は自宅の片隅を使用し、余剰時間に対応していた梱包・発送業務も販売数が増えるに従い、多大な時間と手間暇をかけなければならない重労働になってきます。また、商品の保管場所にも苦労し限られたスペースでの入出荷作業にストレスを感じてくることが多いようです。

そんなハードルに直面したEC業者は保管・梱包・発送業務のアウトソーシングを検討する場合が多いのですが、ここがなかなか思うような展開になりません。

ここで、発送作業の内製化の場合とアウトソーシングした場合の課題について抽出することにします。

物流内製化の課題

1,売上増大に対応する入出荷、保管スペースの確保

2,運送会社集荷締め時間までの梱包作業終了

3,配送費の高止まり

4,発送に費やす時間の増大が他の作業に必要な時間減少に影響

EC販売の一番の柱と考えられる商品の仕込み、マーケティング作業に費やす時間が少なくなるとそのECサイト自体の魅力がなくなり、販売力に陰りが出てくることも多々見受けられます。そこで発送作業のアウトソーシングを検討する場合が多いようですが、そこにも大きな課題が出てきます。

物流アウトソーシングの課題

1,配送費は倉庫会社の単価が適用となり下がるが倉庫の保管料・作業料が増え、発送にかかわるコスト全体はコストアップとなる

2,在庫が事務所と離れた倉庫にあるため在庫管理が甘くなる(在庫過多に陥る)

3,倉庫会社のルールに基づく作業となるため緊急対応が難しくなる場合が多い

梱包・発送作業から解放されたものの、内製化の時可能であった臨機応変な顧客対応ができなくなることと、発送コスト全体のコストアップが大きいことから、早々にアウトソーシングを見直していくEC業者も多いのが現状です。

次回はEC物流の核となる配送会社に関して整理してみたいと思っています。